夜間引越し

夜間引越し

引越し

夜間に引越しをする人のニーズは年々増えています。
休みもなくてとにかく忙しいサラリーマンは、夜しか引っ越しをする時間がないのです。
会社から引越し期間も貰えないですし・・・。

 

今すぐ見積もりが出来ます

 

昔は、夜に引越すなんていうと、夜逃げをする人のイメージしかなかったのですが
今はそんなイメージは無いので、夜間も営業している業者が多いです。

 

お客様のニーズがあれば、それに対応するのが商売ですし、それで売り上げが、
すこしでも増えれば業者にとってもいいことですからね。

 

引越す人にとっても、業者にとっても、いいことだらけの夜間の引っ越し。

夜間の引越し無料見積もり

そこで、『どうやって見積もりをとればいいのか』ってことなんですが、今は、ネットによる無料見積もりサービスがあります。
そのサービスを利用すれば最大で10社から見積もりを取ることができます。しかも入力は1回のカンタン入力でOKです。

夜間の引越しでも、とにかく費用を安く抑えるようにしましょう

新しい引越し先では、何かと必要なアイテムが出てきてその購入で出費がかさむのが、お決まりのパターンです。
おすすめの見積もりサイトをランキングで紹介します。

 

引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

引越し価格ガイド

引越し価格ガイド』では、200社以上の中から最大で10社まで無料で一括見積ができます。
そのうえ、最短1分で引越しの料金相場もわかります。

 

引っ越しっていうのは、値段が素人にはなかなかわかりません。荷物の量にもよりますし、移動距離や人員の数、1年の中での季節などなど様々な要因によって値段がガラッとかわります。
だから相場を知ることができるのは値引きの基準にもなりますから、知ってお得だらけです。
キャンペーンで料金が50%安くなることもありますよ。

 

 

ボタン

 

1分で一番安い引越しを探す!引越し侍

引越し侍

テレビのCMを見たことがある人も多いかもしれません。『引越し侍』。
登録してある190社の中から地域の業者最大で10社まで見積もり依頼できます。

 

利用した人の口コミでは、こんないい事があります。

  • 業者をすぐに選ぶことができた。
  • サービスや料金など業者を比較しやすかった
  • 希望の業者を選べて、料金が安くなった

アリさんマークやアーク、サカイなどの大手は当たり前に見積もり依頼できますし
地域の業者の安全輸送引越サービスや人力引越社、チトセ引越センターなどがあります。

 

もちろん、地方の地元密着型の業者の見積もりも取ることができるので
納得料金がきっとあります

 

 

ボタン

 

引越し達人セレクト

引越し達人セレクト

引越し達人セレクト』は、Webから見積もりすると最大で55%引っ越し料金が安くなります。
アート引越センターや、DUCKなど大手を使ってとにかく安く引越ししたいと考えている人に向いています。それに4000種類の会員優待も使えますよ。
v( ̄∇ ̄)v

 

ボタン

 

 

 

夜間引越しの見積もりで安くする方法

引越し見積もり

引越しの見積もりをとったら必ず値引きをしましょう。
『しましょう』っていっても相手のある事だから、一方的には出来ません。

 

まずは、業者が出してきた金額をみて、その金額が高かろうが安かろうが
『もう少し値引きしてくれ』って必ず言いましょう。

 

言わないと損です。

 

業者は値引きされる事も想定の中で見積もりを出してきます。

 

私の義理の両親が家の建替えで、一時的に近所のマンションに引っ越したのですが
距離にしてわずか50m、荷物もそんなに多くありません。

 

それでも、『20万円!!』っていう見積もりを業者は出してきました。

 

値引きを出来る事を知らない世代なので、その金額で受けたのです。
もし、値引きしていれば、おそらく安い業者だと7万円程までになると思います。
もちろん、老人だから業者も足元を見て金額を出してくるのです。

 

 

この例からも、相手を見て見積もりを出してくるのが、引越し業界なので
必ず値引きしてもらうつもりで対応したほうがいいです。

 

もちろん、1回では無くて2回は金額を下げてもらえます。

 

金額が気に入らなけれなば、『値段が高いから』って正直にいって
他の業者をあたりましょう。業者は星の数ほどありますし、
もしかしたら、『大幅値引きでOK』って手のひらを返すこともよくある話です。

 

仕事を逃すより、わずかな利益でも仕事を取ったほうがいいからです。

 

だからと言って、無茶を言うのはダメです。礼儀をもって交渉しましょ〜。

 

 

 

夜間の引越しの見積もりの相場はどのくらい

引越しが決まった時に、一番気になることが引越し代金です。引越しを経験したことがあるひとならわかると思いますが引越し業者には、定価がありません。おなじ荷物を運ぶにしても業者次第で費用が大きくかわります。

 

ですので、おすすめはとにかく複数の引越し業者に依頼して相見積もりを取ることです。そして、出てきた見積もりを比較します。
予算内に収まるように一番安い業者に依頼したり、料金は2番目だけれどサービスがいい業者を選んだりできます。つまり、見積もりを出すということは、判断基準を獲得するということですね。

 

また、さらにお得にする為には、出てきた見積もりからさらに値引き交渉をして料金を安くすることです。業者は値引きを言われることを前提に見積もりを出してきます。
現に、私の知り合いで引越しの仕事をしている友人が言ってました。

 

業者は、毎日どこかの家庭の見積もりをしています。値引きの事を言われるのは毎日の事なので、
最初は言いにくい気持ちもあるかもしれませんが、遠慮せずに値引き交渉しましょう。ほとんどのケースで、さらに安くなることが多いです。

 

ここで、注意する事があります。いくらお客だからと言って、値引きして当たり前のような態度で業者に接する事はやめたほうがいいでしょう。
安くなる物もなりませんし、見積もり事態を取り消されるケースもあります。相手も人間ですので、誠意をもって話せば必ずさらに安くなりますよ。

 

 

引越しテレビを運ぶ

便利に引越しするなら

引越しの見積もりをするのに便利なサイトってどんなサイトでしょう?
私の経験を基に考えてみました。

 

引越しする人が、まずやることは、見積もりです。
ですので、見積もりがすぐに依頼できるサイトが条件に上げられます。

 

その次の条件は、やることが書いてあって、その方法まで書かれていることが上げられますね。
それに加えてスケジュールの目安も書かれていたら鉄板です。

 

そのスケジュール表どおりに実行していけばいいだけですからね。

 

(・0・*)ホ,ホ--ッッ!!!

 

こういうサイトって検索すればたくさんありますし、内容はどれも似たような内容です。

 

結局、引っ越しは、いつ、どこで、移動しようとも、やることは同じだからです。

 

 

 

夜間の引越しの手続き

引越しするときに忘れがちな手続きがります。
国民健康保険に加入している人は、届け出をしないといけません。
基準日となる14日以内に(2週間です)それぞれの市区町村の窓口に届け出る必要があります。
国保をやめるときは住んでいる市区町村から転出した時です。国保に入る時は、新しい市区町村に転入した時です。やめるのと入る手続きが必要っていうことですね。

 

 

引越しが決まったら早めにやること。

全体スケジュールの確認

業者を決めるところからはじまり、いつまでに何をやるかをスケジュール表として1枚の紙にまとめましょう。
退去の日や新居へ行く日、ライフラインの解約日、車の手配などなど、一度スケジュールを立ててしまえば、あとはそれに沿って実行していくだけなので楽ちんです。
また、途中でやり忘れていたことや予想外の問題なんかも出てくるのが引越しです。だから余裕をもったスケジュールがいいですね。

 

 

現在の住まいの退去申請

賃貸に住んでいる人は、引越しが決まったら早めに管理会社に連絡しましょう。退去の予告は、1か月前までに連絡することになっていると思います。それよりも前に連絡しないといけない物件もあるようですが、その確認は、契約時の賃貸契約書に書かれているので確認が必要です。

 

 

また、会社の都合で引越しが決まってから1か月以内に退去しないとならないケースもよくある話です。
その時は、1か月前に退去予告出来なかった理由を管理会社に伝えて相談しましょう。
大体が大家さんの判断になると思いますが、入居中によほど問題を起こしていない限りは、大家さんは認めてくれると思います。

 

 

住んでいる役所に行って転出届を出します。
国民年金、国民健康保険の住所変更手続きも合わせてします。原付の手続きは、地方自治体によって違うので確認します。

 

郵便局へ転送届を提出します。
有効期限は1年間で、新住所に転送されます。

 

 

新居を決める

引越し先が決まらないと、寝泊りする場所がないのでこれも重要です。
新居が決まったら、入居日と今いるところの退去日はダブらせておいた方がいいですね。そのほうが引越しの作業にも余裕が出来ますし、鍵を持っているので忘れ物をした場合に取りに行くことも可能です。

 

 

引越し業者選び

今は一括見積のサービスがあるので簡単に業者を選ぶことができます。
とにかく料金が安いところ、サービスが良いところなど色々あるので、できるだけ多くの業者に見積もり依頼したほうが、希望通りの引越しが出来ると思います。

 

転校届

今いる学校でも転校先でも、各種の手続きがありますので早めの連絡が大事です。転校先の状況を聞くことも、子供の気持ちをなれさせることができますね。
『転校用在学証明書』と『教科書給与証明書』を受け取り、次の学校で使用します。

 

 

不用品の処分

まず、どれが持って行く荷物で、どれが不用品化をわけないといけません。毎日すこしづつでも荷物の整理を始めましょう。
不用品を処分する時は、リサイクルショップに売れそうな物は売って換金したほうが、引越し代金に充てる事ができます。慣れている人はネットオークションもいいかも。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

捨てる前に持って行くか、家まで来てもらうのも賢い引越しになります。逆に捨てるのにお金がかかる電化製品などもあります。それらは、引越し業者やリサイクルショップで無料で引き取ってくれるケースもありますので
まずは、相談してみましょう。相談はタダで出来ますし、お金を払って処分するのは最後の最後です。

 

 

固定電話の移転手続き

NTTへ連絡します。住んでいる地域によって東と西にわかれますのでご注意です。今はインターネットからでも引越し手続きを申し込めますし、「116」へ電話します。

 

 

インターネットの契約手続き

インターネットもプロバイダーに前もって連絡します。新しい住居での開設できるまでに、日にちがかかることがあるので、すぐに使いたい人は早めの連絡が必須ですね。

 

(・0・*)ホ,ホ--ッッ!!!

 

車関係

車の車庫証明とか。

 

また、引越しを機会に車を売ってしまう人もいます。買い替えたりとかもね。

 

ちなみに豆知識なんですが、自動車税は4月1日の登録名義人宛に請求されます

 

車を売ってしまう場合は、3月中に名義人を変更する必要があるんです。そうしないと処分したのに自動車税の請求がくることに。

 

(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

 

 

車を高値で売るならこちら

 

 

引越しの注意点

 

 

夜間の引越し時はトラブルに注意

引越しは無事に済めばいいのですが、よくトラブルのことを耳にします。

 

そのトラブルの内容ですが、

 

  • 運んでいる途中に荷物を壊された
  • 見積もりと違う料金(高い金額)を請求された
  • 予定通りに終わらなかった
  • 騒音がうるさい

などが、よく聞く内容です。

 

 

夜間引越し時の荷物の破損について

自分の、特に大切な荷物は、キズが付かないように、運び出す前に運搬の責任者に伝えておくといいですね。そして、運び終わったら、すぐに荷物のキズ等を確認をしましょう。
( ̄〜 ̄)

 

基本的に3か月以内であれば業者の責任を問う事ができますが、時間が経過してしまうと、引越しの時に付いたキズなのか証明が難しくなる為、直後に確認するのが大事です。
荷物に限らず、新居の壁を荷物で擦って傷つけたりした時も、業者の責任になります。

 

(。-`ω´-)キッパリ!!

 

 

夜間の引越しの料金について

見積もりの金額は、契約の金額でもあります。依頼主と業者との合意のもとに契約されたことになるので、料金の変更をするときも両者の合意がないと出来ません。
一方的に見積もりより高い金額を請求されても払う義務はありません。

 

 

夜間の引越しの作業時間

引越し業者は、契約書の金額で引越し代金が決まります。時間給ではないので、無理に作業時間を延ばすことは、まず無いはずです。3月・4月のピーク時は、引越し件数が多い為、午前中の引越に時間がかかり、午後からスタートする案件が遅れる事はよくあります。
依頼する側としても、それを見込んだ上でのスケジュールを立てると、当日はイライラしなくて済むでしょう。
時間を延ばすことはなくても、次の案件に間に合わせるために時間を短縮しようとして、荷物を雑に扱うことはよくあるのでキズが付いてないか、チェックは必要です。満足のいく引越しは、まずは見積もりからですね。

 

夜間の引越しの騒音

夜間の引越しで1番神経を使うのがこれ、『騒音問題』です。重たい荷物を何十個も運ぶんだから、そりゃ音は出ますよ。昼間だったら問題ない音量でも、夜間は問題になることがあります。周りの住人は仕事が終わって休んでいるからね。
こういう問題は初めが肝心で、引越し作業が始まる前に一言声をかけるだけでも違います。特に新居に搬入する時間の方が遅くなるから、印象を悪くして、その後の生活に支障がでないように、一言声掛けは重要です。
自分でするのがイヤだったら業者の人に『周りの住人に声掛けをしてくれ』とか、『音を出さないように運んでくれ』って前もって言っておけば良いわけ。
住人からクレームを言われても、前もって業者に言っておけば、業者に責任を振ることができるからね。

 

 

夜間の引越しの対応地域

 

北海道(札幌,函館,小樽,旭川,室蘭,釧路,帯広,北見,夕張,岩見沢,網走,留萌,苫小牧,稚内,美唄,芦別,江別,赤平,紋別,士別,名寄,三笠,根室,千歳,滝川,砂川,歌志内,深川,富良野,登別,恵庭,伊達,北広島,石狩, 北斗,etc)

 

青森県(青森,弘前,八戸,黒石,五所川原,十和田,三沢,むつ,つがる,平川,etc)

 

岩手県(盛岡,宮古,大船渡,花巻,北上,久慈,遠野,一関,陸前高田,釜石,二戸,八幡平,奥州,滝沢,etc)

 

宮城県(仙台,石巻,塩竈,気仙沼,白石,名取,角田,多賀城,岩沼,登米,栗原,東松島,大崎,etc)

 

秋田県(秋田,横手,能代,大館,男鹿,湯沢,鹿角,由利本荘,潟上,大仙,北秋田,にかほ,仙北,etc)

 

山形県(山形,米沢,鶴岡,酒田,新庄,寒河江,上山,村山,長井,天童,東根,尾花沢,etc)

 

福島県(福島,会津若松,郡山,いわき,白河,須賀川,喜多方,相馬,二本松,田村,南相馬,伊達,本宮,etc)

 

茨城県(水戸,日立,土浦,古河,石岡,結城,龍ケ崎,下妻,常総,常陸太田,高萩,北茨城,笠間,取手,牛久,つくば,ひたちなか,鹿嶋,潮来,守谷,常陸大宮,那珂,筑西,坂東,稲敷,かすみがうら,桜川,神栖,行方,鉾田,つくばみらい,etc)

 

栃木県(宇都宮,足利,栃木,佐野,鹿沼,日光,小山,真岡,大田原,矢板,那須塩原,さくら,那須烏山,下野,etc)

 

群馬県(前橋,高崎,桐生,伊勢崎,太田,沼田,館林,渋川,藤岡,富岡,安中,みどり,etc)

 

埼玉県(さいたま,川越,熊谷,川口,行田,秩父,所沢,飯能,加須,本庄,東松山,春日部,狭山,羽生,鴻巣,深谷,上尾,草加,越谷,蕨,戸田,入間,朝霞,志木,和光,新座,桶川,久喜,北本,八潮,富士見,三郷,蓮田,坂戸,幸手,鶴ヶ島,日高,吉川,ふじみ野etc)

 

千葉県(千葉,銚子,川,船橋,館山,木更津,松戸,野田,茂原,成田,佐倉,東金,旭,習志野,柏,勝浦,原,流山,八千代,我孫子,鴨川,鎌ケ谷,君津,富津,浦安,四街道,袖ケ浦,八街,印西,白井,富里,南房総,匝瑳,香取,山武,いすみ,etc)

 

東京都(千代田区,中央区,港区,新宿区,文京区,台東区,墨田区,江東区,品川区,目黒区,大田区,世田谷区,渋谷区,中野区,杉並区,豊島区,北区,荒川区,板橋区,練馬区,足立区,葛飾区,江戸川区,八王子,立川,武蔵野,三鷹,青梅,府中,昭島,調布,町田,小金井,小平,日野,東村山,国分寺,国立,福生,狛江,東大和,清瀬,東久留米,武蔵村山,多摩,稲城,羽村,あきる野,西東京,etc)

 

神奈川県(横浜,相模原,横須賀,平塚,鎌倉,藤沢,小田原,茅ヶ崎,逗子,三浦,秦野,厚木,大和,伊勢原,海老名,座間,南足柄,綾瀬,etc)

 

新潟県(新潟,長岡,三条,柏崎,新発田,小千谷,加茂,十日町,見附,村上,燕,糸魚川,妙高,五泉,上越,阿賀野,魚沼,胎内,南魚沼,佐渡,etc)

 

富山県(富山,高岡,魚津,氷見,滑川,黒部,砺波,小矢部,南砺,射水,etc)

 

石川県(金沢,七尾,小松,輪島,珠洲,加賀,羽咋,かほく,白山,能美,野々,etc)

 

福井県(福井,敦賀,小浜,大野,勝山,鯖江,あわら,越前,坂井,etc)

 

山梨県(甲府,富士吉田,都留,山梨,大月,韮崎,南アルプス,北杜,甲斐,笛吹,上野原,甲州,中央,etc)

 

長野県(長野,松本,上田,岡谷,飯田,諏訪,須坂,小諸,伊那,駒ヶ根,中野,大町,飯山,茅野,塩尻,佐久,千曲,東御,etc)

 

岐阜県(岐阜,大垣,高山,多治見,関,中津川,美濃,瑞浪,羽島,恵那,美濃加茂,土岐,各務原,可児,山県,瑞穂,飛騨,本巣,郡上,海津下呂,etc)

 

静岡県(静岡,浜松,沼津,熱海,三島,富士宮,伊東,島田,富士,磐田,焼津,掛川,藤枝,御殿場,袋井,下田,裾野,湖西,伊豆,御前崎,菊川,伊豆の国,牧之原,etc)

 

愛知県(名古屋,豊橋,岡崎,一宮,瀬戸,半田,春日井,豊川,津島,碧南,刈谷,豊田,安城,西尾,蒲郡,犬山,常滑,江南,小牧,稲沢,新城,東海,大府,知多,知立,尾張旭,高浜,岩倉,豊明,日進,田原,愛西,清須,北名古屋,弥富,みよし,あま,長久手,etc)

 

三重県(津,四日,伊勢,松阪,桑名,鈴鹿,名張,尾鷲,亀山,鳥羽,熊野,いなべ,志摩,伊賀,etc)

 

滋賀県(大津,彦根,長浜,近江八幡,草津,守山,栗東,甲賀,野洲,湖南,高島,東近江,米原,etc)

 

京都府(京都,福知山,舞鶴,綾部,宇治,宮津,亀岡,城陽,向日,長岡京,八幡,京田辺,京丹後,南丹,木津川,etc)

 

大阪府(大阪,堺,岸和田,豊中,池田,吹田,泉大津,高槻,貝塚,守口,枚方,茨木,八尾,泉佐野,富田林,寝屋川,河内長野,松原,大東,和泉,箕面,柏原,羽曳野,門真,摂津,高石,藤井寺,東大阪,泉南,四條畷,交野,大阪狭山,阪南,etc)

 

奈良県(奈良,大和高田,大和郡山,天理,橿原,桜井,五條,御所,生駒,香芝,葛城,宇陀,etc)

 

兵庫県(神戸,姫路,尼崎,明石,西宮,洲本,芦屋,伊丹,相生,豊岡,加古川,赤穂,西脇,宝塚,三木,高砂,川西,小野,三田,加西,篠山,養父,丹波,南あわじ,朝来,淡路,宍粟,加東,たつの,etc)

 

和歌山県(和歌山,海南,橋本,有田,御坊,田辺,新宮,紀の川,岩出,etc)

 

岡山県(岡山,津山,玉野,笠岡,井原,総社,高梁,新見,備前,瀬戸内,赤磐,真庭,美作,浅口,etc)

 

広島県(広島,呉,竹原,三原,尾道,福山,府中,三次,庄原,大竹,東広島,廿日市,安芸高田,江田島,etc)

 

山口県(下関,宇部,山口,萩,防府,下松,岩国,光,長門,柳井,美祢,周南,山陽小野田,etc)

 

鳥取県(鳥取,米子,倉吉,境港,etc)

 

島根県(松江,浜田,出雲,益田,大田,安来,江津,雲南,etc)

 

徳島県(徳島,鳴門,小松島,阿南,吉野川,阿波,美馬,三好,etc)

 

香川県(高松,丸亀,坂出,善通寺,観音寺,さぬき,東かがわ,etc)

 

愛媛県(松山,宇和島,八幡浜,新居浜,西条,大洲,伊予,四国中央,西予,東温,etc)

 

高知県(高知,室戸,安芸,南国,土佐,須崎,宿毛,土佐清水,四万十,香南,香美,etc)

 

福岡県(北九州,大牟田,久留米,直方,飯塚,田川,柳川,八女,筑後,大川,行橋,豊前,中間,小郡,筑紫野,春日,大野城,宗像,太宰府,古賀,福津,うきは,宮若,嘉麻,朝倉,みやま,糸島,etc)

 

佐賀県(佐賀,唐津,鳥栖,多久,伊万里,武雄,鹿島,小城,神埼,etc)

 

長崎県(長崎,佐世保,島原,諫早,大村,松浦,対馬,壱岐,五島,西海,雲仙,南島原,etc)

 

熊本県(熊本,八代,人吉,荒尾,水俣,玉名,山鹿,菊池,宇土,上天草,宇城,阿蘇,天草,合志,etc)

 

大分県(大分,別府,中津,日田,佐伯,臼杵,津久見,竹田,豊後高田,杵築,宇佐,豊後大野,由布,国東,etc)

 

宮崎県(宮崎,都城,延岡,日南,小林,日向,串間,西都,えびの,etc)

 

鹿児島県(鹿児島,鹿屋,枕崎,阿久根,出水,指宿,西之表,垂水,薩摩川内,日置,曽於,霧島,いちき串木野,南さつま,志布志奄美,南九州,伊佐 ,姶良,etc)

 

沖縄県(那覇,宜野湾,石垣,浦添,名護,糸満,豊見城,うるま,宮古島,南城,etc)

 

対象
  • 一人暮らし
  • 単身
  • ファミリー
  • 学生
  • 社会人
  • 女性のみ
  • 年寄り
  • 転勤
  • 即日
  • 荷造りしない