引越し 見積もり

引越し 見積もり

テープ

引越代金を安く抑えるには、とにかく多くの業者に見積もりを依頼することです。
そうすれば、ビックリの激安価格で引越しをしてくれる業者が見つかります。

 

1社見つければいいだけだから、数打ちゃあたる作戦で
とにかくたくさん申し込みをすることをおすすめします。

 

無料の一括見積サイトは、1回の入力で最大10社まで申し込む事ができます。
それに、2・3サイトに申し込みをすれば、必ず安い見積もりをだしてくれる業者が見つかります。

 

貴殿の引越し代金が安くなることを願っています。(・∀・)

 

引越し達人セレクト

引越し達人セレクト

引越し達人セレクト』は、Webから見積もりすると最大で55%引っ越し料金が安くなります。
アート引越センターや、DUCKなど大手を使ってとにかく安く引越ししたいと考えている人に向いています。それに4000種類の会員優待も使えますよ。
v( ̄∇ ̄)v

 

ボタン

 

引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

引越し価格ガイド

引越し価格ガイド』では、200社以上の中から最大で10社まで無料で一括見積ができます。
そのうえ、最短1分で引越しの料金相場もわかります。

 

引っ越しっていうのは、値段が素人にはなかなかわかりません。荷物の量にもよりますし、移動距離や人員の数、1年の中での季節などなど様々な要因によって値段がガラッとかわります。
だから相場を知ることができるのは値引きの基準にもなりますから、知ってお得だらけです。
キャンペーンで料金が50%安くなることもありますよ。

 

 

ボタン

 

1分で一番安い引越しを探す!引越し侍

引越し侍

テレビのCMを見たことがある人も多いかもしれません。『引越し侍』。
登録してある190社の中から地域の業者最大で10社まで見積もり依頼できます。

 

利用した人の口コミでは、こんないい事があります。

  • 業者をすぐに選ぶことができた。
  • サービスや料金など業者を比較しやすかった
  • 希望の業者を選べて、料金が安くなった

アリさんマークやアーク、サカイなどの大手は当たり前に見積もり依頼できますし
地域の業者の安全輸送引越サービスや人力引越社、チトセ引越センターなどがあります。

 

もちろん、地方の地元密着型の業者の見積もりも取ることができるので
納得料金がきっとあります

 

 

ボタン

 

 

 

引っ越しの見積もりを取るときに、おすすめのサービスの紹介です。無料で10社の業者から、見積もりを取ることが出来ます。

 

引越し代金をやすく上げるコツは

たくさんの業者に見積もりする

 

値引き交渉をする

 

これを実行するためには無料の見積もりサイトを徹底的に利用しましょう。

 

利用した人は、お得に引越しをしています。

 

 

引越しの費用

引越しの費用っていうのは、相場があって無いようなものです。

 

同じ荷物の量・同じ移動距離を見て、見積もりを出したとしても、業者の見積もり担当者によって金額が全く違ってきます。だから、素人にはだいたいの金額の目安すらわかりづらいのが引越しの費用です。

 

 

それに、引越しをする時期によっても変わってきます。3月4月が一年の中で一番の繁栄期でピークです。進学・就職・栄転・左遷等で、日本中で人が異動しますからね。だから、この時期は引越し代金が割高になります。引越しをする時期はずらせないから、全体的に割高な金額はしょうがないとしても、その高い中でも安い業者を選んで引越しをしましょう。

 

 

そのためには無料で一括見積もりが申込めるサイトを利用する事をオススメします。最大10社に一回の入力で見積もりの依頼が出せるから、煩わしい入力を何回しなくて済むのです。

 

どうして10社にも見積もり依頼をするのかというと、本当に、会社によって、担当者によって金額がぜんぜん違うからです。そのくらい引越し代金というのは相場がありません。

 

10社に依頼して、その中から金額の安い業者2つ3つに実際に自宅まで来てもらって見積もりをお願いすることになると思います。

 

 

 

値引き交渉を忘れない事

 

自宅に見積もりに来てもらったら、業者の人は最初の見積もり金額から荷物が予想より多かったから値段をあげてくるかもしれません。そのときにすぐに承諾しないで、とにかく値引き交渉をしてください。交渉というと難しく感じるかもしれませんが、そんなに難しく考える事はなくて、『〇〇円くらいまで値引きできますか?』と単刀直入に言えばいいのです。

引越し

 

そのほかにも
『他の業者の見積もりを見てから決めます』
『ネットの見積もり金額より高いからやめます』
『この金額は、個人的に相性が良くないから、相性のいい○○円にできますか?』

 

などなど、使えます。(というか、私も過去に使いました。うまくいきました)
( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

 

業者の担当者も見積もりを出すのが仕事で、毎日のように見積もりを出しては値引きの交渉をしていますから、日常茶飯事のことになっているから『値引きの事を言っても大丈夫かな?』ってそんなに気にする必要ありません。

 

それに、値引きを言われることを前提で見積もりの金額を出してきますからね。

 

遠慮しないでガンガンいきましょう。(・∀・)

 

 

このサイトに訪れて頂いた方が、安いお値段で引越しが出来る事を願っています。